ある日、カメの長老が、沼に棲む魚たち全員を集めて、衝撃的な話をした。

 ikimono_0104

 「皆もすでに気が付いているとは思うが、この沼の水の推移が少しずつではあるが下がってきている。やがてこの沼の水が無くなるかもしれないので、その時の為に今から少しずつでもいいので、陸に上がる準備をしたいと思う」

「最初は息苦しいかもしれないが、数十秒単位でもいいから慣らしてほしい、食べ物も美味しくは無いだろうが、沼の苔の代わりに草を食べるようにしよう」

「やがて何代か後には、私たちは陸でも生活ができるようになるだろう」

と話した。

 

それを聞いていたバンビーヨと言う古代魚は、鼻で笑った。

「何を言っているんだ長老!!やがていつものように大雨が降り、沼が水でいっぱいになるだろう!」

 

カメたちは少しずつではあるが、確実に陸での生活ができるようになっていきました。

 

一方、古代魚のバンビーヨは、カメが沼からいなくなり、自分達が食べる分の餌が増えて喜んでいました。

 

 Cartoon_Piranha_Fish_clip_art_hight

…だが、奇跡的な大雨も降ることも無く、やがて水が無くなり、気がついたら身動きすら取れず勿論、バンビーヨ達は絶滅していったという物語です。

 

 古代魚のバンビーヨも沼に棲むカメと同じように変わるチャンスはあったはずです。

今日の繁栄のみを享受している多くの人や企業は、「明日を生きるためには進化することが必要である」という事が理解できないでいます。

 

我々は、バンビーヨではなく、進化するカメでありたい。

 

by IWA

(なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか? より抜粋)