2004年7月1日より急性心臓死の主要な原因である心室細動に対し

一般市民等による自動体外式除細動器(AED)の使用が可能となりました。

 

厚生労働省は、応急手当に関する取り組みを進めるため、企業にAEDの設置を推奨しております。

 

当社は、既にAEDが設置してあること救命講習を修了した従業員が勤務していることから

千葉市消防局長へ申出書を提出し、本日 「応急手当普及協力事業所」の証が交付されました。

 

img_0179 img_0178

AEDは、心臓の状態を判断して、心室細動(心臓が細かく痙攣し、血液を送れなくなる重い不整脈)

の患者に電気ショックを与え、心臓を正しいリズムに戻してくれる機械です。

 

もし、心肺が停止してしまうと

1分経過ごとに7~8%ずつ生存率が少なくなっていくそうです。

 

万一の時に使用できないということのない様、定期的な講習を行っていきます。