2017年1月23日(月)に今年度第10回目のれんが会が

開催されました。

 

 

テーマは「官能検査について」

     副題は~五感の重要性~を知る。

五感とは?視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の5つを言います。

 

安全な食品作りを目指すうえで人間の五感

は非常に大切です。

 

そして日ごろ品質管理Gがどのようにして

五感の鍛錬し、安全性を見極めるための努力を

行っているのかを他部門を含めたれんが会に参加された

みんなで実践しました。

 

人間が感じる感覚は、様々な器官から得た情報を脳が結果として

判断しています。

例えば「まずい」「おいしい」・・・も味覚だけでなく視覚、嗅覚も含めた

トータルで決定しています。

お客様に安心・安全な商品を提供できるよう

品質管理のみなさんの作業を経験でき,

五感は日ごろの鍛錬によって上達する事を知りました。