2019年1月15日(火)に2018年度、第3回目となるれんが会が開催されました。

テーマは「UDFとは」 

今回は商品開発室の石橋さんによる講義です。

ユニバーサルデザインフード(UDF)は、

日常の食事から介護食まで幅広くお使いいただける、食べやすさに配慮した食品のことを言います。

高齢化社会を迎え、

自立した生活を送る事ができる期間「健康寿命」や平均寿命などについて各種統計資料等を交えた解説により、

特に高齢者向けとしてのUDFの利点を知るとともに、

レトルト食品や冷凍食品などの調理加工食品をはじめ、飲み物やお食事にとろみをつける「とろみ調整食品」と

多くの種類があるUDFの特徴について説明がありました。

UDFマークや、実際のUDF製品のパッケージの例を見ながら説明を受け、

また、試食タイムもあり味覚での学びもありました。

商品開発室、石橋さん他、ご協力いただいた商品開発室メンバーの皆さん ありがとうございました。

食品メーカーである当社も、心も身体も元気で 健康のお役に立つ よりよい製品を皆様にお届けできるよう、努力して参ります。