4月12日、豊橋市保健所において“豊橋市ええじゃないかHACCP”認証授与式が行われました。

 

同認証は、HACCP(食品衛生の国際標準規格)管理により製造された商品に対して与えられる豊橋市の認証です。

“ええじゃないか”は、江戸時代後期の慶応3年から翌年にかけ、東海道等を中心に江戸から四国に広がった三河国渥美郡牟呂村(現豊橋市)発祥の民衆運動に由来します。豊橋市では、2010年をシティプロモーション元年と位置づけ、官民の英知を結集し、“ええじゃないか”を合言葉に様々な推進活動が行われております。

 

(写真左)髙橋社長、(写真右)豊橋市保健所長 犬塚君雄 様

 

審査では、豊橋市保健所 食品衛生監視員の方々よりHACCPの構築状況、製造現場および文書・記録類の確認、ヒアリング等、いくつもの厳しいチェックが行われ、無事に合格する事ができました。引き続き品質保証を優先し、安心安全な商品づくりに努めてまいります。